*** アトリエ・イドって? ***

引越しが多かったせいか、
生活情報や、子育てのヒントが得られる場が欲しくて、
行く先々で、さまざまな「出会いの場」のお世話になりました。

私が楽しく暮らせたのは、そういった「場」のおかげでした。

そうして2008年、終の棲家への引越しを機に、
今度は場を提供する側に・・・と「アトリエイド」をつくり始めました。

*

*** テーマ1 「手仕事&イド端会議」 ***

「アトリエ・イド」の「イド」は、井戸端会議井戸。
そこに「手しごと」を結びつけたくて、「アトリエ」としました。

手や体を動かしていると、自然と心がほぐれて、
話も弾むし、人と、すぐに仲良くなれちゃう気がします。

*

*** テーマ2 グロー「カ」ルに暮らそう! ***

手しごとは、作り手に思いを馳せるきっかけにも・・・

作る工程を知ることで、日常に目にするモノ達が、

どうやって、そしてどうしてこの値段で、私の手元に来たのだろう・・・

ローカルなイドで、ちょっとだけ、グロー「カ」ルに想いを馳せる。

“Think globally, act locally.”と聞きますが、”act”の部分は、
一人ではなかなか難しいもの。

みなさんと一緒に考えたり、行動したりできたら、と思っています。

*

*** テーマ3 まずは自分が “I do.” ***

イドは「I do.」のローマ字読みでもありました。

地域との繋がりを大切にしつつも、そこに埋没せず、

それぞれが、”I do.” = 自分で考えて行動しつつ、

ゆるやかに関わりあう。

当然のようでいて、それが難しい局面も少なくない、
地域というやっかいで愛すべきもの。

大人の私たちが主体的に生きる、
子供たちが主体的に歩むのを見守る、

そんな場所があったら、いいな。

そう思って生まれたのが、ここ、「アトリエ・イド」なのです。

*

*** テーマ4 自分の仕事を作る ***

イドは、持続可能な活動モデルを模索する任意団体でもあります。

営利ではありませんが、無償ボランティアでもありません。
※wiki

みなさんがお持ちの「スキル」と、それに見合った「お金」「人」そして「想い」の流れ(循環)を地域で作りたいと考えています。

まだまだ「想い」ばかりで、勉強が必要です。
至らぬ点がありましたら、どうかご教授くださいませ。

*
ほそぼそとでも末長く・・・おつきあいいただけましたら嬉しいです。



福井 利治(♀フクイ リハル)     2011.08.18

アトリエ・イドについて

アトリエ・イドについて

地域のコミュニケーションのお手伝い♪手仕事系ワークショップを中心に、ちいさなイベントをほそぼそと、企画運営しています。

>> アトリエ・イドについて